アイスワインの人気商品をピックアップしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




パラタイン・ヒル ヴィダル アイスワイン 375mlパラタイン・ヒル ヴィダル アイスワイン 375ml
4410円(税込)


パラタイン・ヒル アイスワイン Palatine Hill Ice Wine - Vidal

ワイナリーの歴史は比較的新しく、1993年に現在のオーナーであるジョー・ウィル氏によって設立されました。 カナダ・オンタリオ湖のほとり(Niagara-on the Lake)に広大な畑を所有し、アイスワインを始め、シャルドネ、ピノ・ブラン、ゲヴュルツ・トラミナー、リースリング、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランなどのスティル・ワインも数多く生産しています。

これらのワインは、数々のコンクールで賞を受賞しており、その品質の高さは国内のワイン誌にもたびたび取り上げられています。 また、このワイナリーは、オーナーの奥さんがクッキングスクールを開設したり、各国からの観光客を積極的に受け入れるなど、地域への貢献も注目にあたいするところです。

日本からも毎年約3000人近くの人々がこのワイナリーを訪問しています。 ワイナリーの主な受賞暦 イタリアVinitaly スゥイートワイン部門 金賞 全カナダチャンピオンシップ 金賞  その他 多数受賞 ”アイスワインとは?” ナイアガラ地方は、オンタリオ湖からの風と丘陵地帯の地形がもたらす自然のエアコンディショニング効果とミネラル分を多く含んだ土壌に恵まれ、ワイン作りに理想の土地で、約200年前からワインの生産が行なわれています。 特に、1970年代にヨーロッパの伝統的なブドウ品種が取り入れられると、品質、生産量とも一気に向上しました。

オンタリオ州のVQA(醸造者品質連盟)のもと厳しい品質管理が行なわれています。 ナイアガラ地方で現在活躍するワイナリーの多くは、移民としてこの国にやって来て、それぞれの母国や出身地のスタイルでワイン造りに取り組んでいます。 どこの醸造所もほぼ同じ気候と土壌なのに、ワイ ナリーの姿勢や醸造法が異なり、それぞれが特色あるワインを造りだしているのはこの為です。 現在、世界で飲まれているアイスワインの70%をカナダが生産しています。アイスワインにするブドウの収穫は、気温がマイナス8℃から12℃に下がった「寒い一夜」だけに行なわれます。

農家は、美味しいアイスワイン作りの為に、「寒い一夜」にかけるのです。水分が抜けて熟成が進んでいるので、搾れるブドウ果汁は少ない。 テーブルワイン用のブドウ1tから 約700リットルとれるのに対して、アイスワイン用のブドウからは1t当たり75リッ トルから100リットルしか採れません。通常のわずか7分の一から十分の一。まさに、氷点下が生む黄金の滴なのです。 ”パラタイン・ヒル アイスワイン” 今年の2月に放映されたテレビで話題となったこのワイナリーの主力”アイスワイン”です。年間に少量しか生産することが出来ない”アイスワイン”は、地元カナダに限らず世界的にも人気で、日本国内への輸入量はごくわずかなものとなっています。

収穫された葡萄は、約3ヶ月かけてじっくり発酵させ、甘味、香りとも素晴らしいワインに仕上がっています。 ご一緒にいかが?送料無料のセットもあります!厳選ワインが大特価で集結!
商品の詳細&購入はコチラ≫





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。